電報代のコスト削減なら「VERY CARD法人専用」

| 投稿者: admin
8月 21 2014 年

冠婚葬祭や進学祝い、入社祝いや昇進祝いなどで電報を活用する方は多いのではないでしょうか。
一昔前ほどではありませんが、電報は私たちの日々の生活に密着した挨拶と儀礼ではないかと思います。
その電報ですが、NTT(旧日本電信電話会社)の独占事業と思っている方が多いと思います。

ここでは電報市場の独占形態に”風穴を開けた”として知られるサイト(会社)をご紹介したいと思います。http://www.keicho.net/

★★電報ならこちらが良いですよ。「VERY CARD」★★

電報業界の雄とも言われているVERY CARDは、2002年に設立された株式会社ヒューモニーによって運営されています。
VERY CARDは電報業界におけるNo.1の実績と信頼を誇り、低価格で即日配達を行うと言ったサービスで好評を得ています。
過去の利用企業数は3万社を越え、電報数は累計で700万通と言う数字となっています。

このサイトにはVERY CARDを初めて使う方々のために、利用方法や料金、配達の時間や電報配達の確認方法などが掲載されています。
また、VERY CARDや電報の種類などに関する Q&Aも掲載されていますので、申し込む前に疑問点などを解決することができます。
特に電報を頻繁に使う法人にとって、VERY CARDでは通常電報料金の1/3と言う低価格を提供していますので、通信費の削減としても非常に効果があります。

電報を含め通信費の削減をご検討の方(法人)は、ぜひVERY CARDを活用されることをお奨めします。

電報でメッセージを送る手順

| 投稿者: admin
8月 08 2014 年

最近の結婚式などでよく見かけるスピーチですが、式場の司会の人がどこからか関係者からのメッセージを読み上げている風景が見られます。知らないという人は、どこからそれを持ってきたのか疑問を感じる人もいるかと思います。だいぶ前からスピーチ用に原稿を受け取っていたという場合ももちろんあるのですが、急な結婚式の開催の場合、電報で急遽メッセージを受け取ったという場合もあります。緊急時にメッセージを伝える方法として、電報はいまだ現役なのです。

電報は相手に文字のみの手紙を送る方法ですが、実際に依頼をした事がある人は少ないかもしれません。その方法ですが、意外に簡単です。電報の局員に電話で文章を一文字ずつ伝えていき、各支部の電報局員がそれを紙に印刷して直接手渡しをします。その方法から、手紙の速達よりも圧倒的に早くメッセージを送ることが出来るようになります。緊急事態が起こった時のために覚えておくべきサービスなのかもしれません。

電報は他にも葬儀の連絡や、会社の答辞などにも使われている事が多いです。身体はだれもひとつしか持っていないものなので、駆けつけられない場合は電報でメッセージだけでも贈ると喜ばれるかと思います。

電報の業者を選ぶ時には

| 投稿者: admin
8月 07 2014 年

電報のサービスを行っているところはいくつかあるため、いざ利用しようと考えた時にどこがいい業者なのか気になってしまいます。業者を選ぶ時のポイントはいくつかあります。本当にいい業者にお願いしてしっかりと電報を届けてもらうようにして下さい。

電報を利用するとき、そのほとんどが祝電と弔電です。祝電と弔電は素早く確実に届かないといけません。NTTが電報としては有名ですが、19時までの依頼で当日配達可能となっています。他の業者に依頼するときにはNTTと比較して利用するか決めてみるといいでしょう。

電報を送るときには料金も気になるところです。料金は業者によって本当に違いがあります。料金の高いところはそれだけサービス内容に力を入れているケースがありますので一概に料金の安いところがいいとは言い切れません。文字制限を設けていないところもあるから長文を送りたいときには制限のない業者の電報を頼んでみるといいでしょう。

祝電ではぬいぐるみやバルーン電報といったものが喜ばれるため利用する人が多いです。こういった電報でのサービス内容も業者によって違いがあります。

電報を申し込む業者は目的に合わせて上手に使い分けてみるといいですよ。

古本買取についてはこちらがおすすめ!

| 投稿者: admin
8月 03 2014 年

購入したもので、すでに不要になったものなどは処分することになると思いますが、その処分方法に困ったことはないでしょうか。せっかく買ったのに単純に捨てるのは何だかもったいなかったり、どのように捨てればいいのかわからないといったお悩みがあると思います。

そこで提案するのが買取サービスです。このサービスを利用すれば、わざわざ捨てることもなく、しかもお金をもらって処分することができます。

そこで、本日は「古本買取マスタードットコム|古本・ゲーム・DVDも高価買取/送料無料」というサイトをご紹介します。こちらは、古本買取サービスを取り扱っているサイトとなっています。本をはじめ、さまざまな物品を取り扱っているので、何か不要なものが出た際は、活用してみることをおすすめします。

詳細はこちらのオフィシャルウェブサイトを閲覧してお確かめください。

上記サイトは、新書、コミック全巻ソフト、単行本、文庫、専門書、その他書籍、CD、DVD、ブルーレイ、ゲームソフトのカテゴリを取り扱っています。これらは特に処分に困りやすい物品ですから、部屋を整理したいときなどに役立つことでしょう。簡単宅配買取なので、自宅にいながら手軽に取引することができます。

年賀状印刷はプロにおまかせです

| 投稿者: admin
7月 27 2014 年

毎年毎年お世話になっている人に出す、大切な日本の年中行事が年賀状です。この年賀状、大切なコミュニケーションのツールですが、なかなか書くのが大変ですよね。暮れの時期は忙しく、年賀状に十分な時間を割けないという方も少なくはないと思います。

そういった方におススメしたいのが、プロに年賀状の印刷をおまかせするという方法です。年賀状印刷はこちらのWebサイトを見ると良いですよ。アクセアの年賀状は、インターネットで簡単に申し込めるのでとても便利です。そのうえすべてオリジナルデザインなので、あなたの個性を発揮することもできてしまいますよ。来年の年賀状は、アクセアにしてみてはいかがでしょうか?

アクセアは、年末年始であっても24時間受け付けています。たった1枚から、年賀状を印刷してもらうことだってできてしまいます。年賀状印刷にかかる値段も格安です。またアクセア側でお年玉付きの年賀はがきを用意しているので、年賀状を出す側で準備しておくものは何もありません。正に、何かと忙しい現代人にはもってこいですね。

自分で年賀状を書いている時間がない、なかなかデザインに自信がないという方には、アクセアがピッタリです!もちろん自分のデザインでの入稿も可能です。あなたも、アクセアを利用してみるとよいと思いますよ。

年賀状の準備はお早めに

| 投稿者: admin
7月 17 2014 年

最近年賀状を書くのが面倒だと感じている人も多いようです。12月ごろという忙しい時期に、知り合いひとりひとりに年賀状を用意するのは面倒に感じるという気持ちも分かるのですが、やはり年賀状というものは、貰って嬉しいものです。特に普段顔を合わせることの出来ない遠方の知人については、数少ない貴重な挨拶のタイミングですので、年賀状を贈り、一年の始まりを共感しあって欲しいと思います。

年賀状を書くのがどうしても面倒だという人のために。年賀状印刷というサービスが流行しています。最近では郵便局もこの年賀状印刷のサービスを行なっているのですが、やはり細かいデザインが選べるものとしては、昔からある年賀状印刷の業者さんに依頼をすると、バリエーションが豊富な年賀状を贈ることができるのでオススメです。去年の記念の写真などといった画像添付なども年賀状印刷の醍醐味なので、凝ったものを贈りたいなら手書きよりも業者に任せてしまうというのもアリだと思います。

年賀状印刷ですが、注文は早めに行なった方が良いと思います。郵便局に置いている白紙の年賀状も12月後半を過ぎると売り切れてしまう場合があるので、確実に相手に送るには、早めに注文をしておきましょう。